マツラボ. / 第1弾「写真編集」

Description

<写真を楽しむために「写真編集(写真をまとめる)力」が重要なワケ>

写真を「テーマ」に沿って写真をまとめたことはありますか?
写真展や組み写真でのコンテストに応募したことはありますか?

「組み写真、やったことはあるけど、難しい…」
「フォトブックや写真集を作ってみたい」
「けれど、どこから手をつければいいかわからない…」
という方は、結構多いんじゃないでしょうか。

綺麗な写真を撮れるだけでは、他の人との差別化はなかなかできませんし、
上手なセレクト、写真をまとめる力、つまり「編集」ができて
よりいっそうその奥深さを知ることができます。

編集の知識を知らないまま写真をすることは、実はとってももったいないことなのです…!

その写真編集には、
・事象順に並べる「時系列型」
・自分の作品のダイジェスト「カタログ型」
・ルールを決めて同じジャンルの被写体を撮る「タイポロジー型」
・ストーリーで読ませる「物語型」
などがありますが、なんとなくまとめるのではなく、どの型が自分に合っているのかを理解し編集をすることが重要です。
この「マツラボ」では、3回の講座を通して写真の基礎知識を学び、並べる技術を身に着けることを目指します。

あわせて、第2回目講座では多くの人が悩む「タイトル」の付け方もレクチャー
講座が終わってから、ふだんの撮影のなかでも役に立つノウハウを学びつつ、
全3回のなかで、「写真をまとめる力」を蓄えていくことを目指します。

この講座前身である、松本先生による「編集講座」を学んだ方は、
5枚1組で応募する「PPC道場」に入選するなど、しっかりと結果も出しています。
ぜひ、このマツラボで写真編集について深く、楽しく学びましょう!

<スケジュール/各2時間>
第1回:3月28日(木)19:30~21:30 写真編集の基礎レクチャー「編集の型を知る」
第2回:4月18日(木)19:30~21:30 第1回を踏まえて写真の講評。作品のタイトルを考えてみる。
第3回:5月16日(木)19:30~21:30 発表会・講評、PPC道場への参加

番外編を予定しています:課外研究(撮影会込みの編集講座を予定)/3月~4月の週末を予定
※番外編は、本講座内には含まれません。

研究費(参加費):
教室生徒:16,000円
一般:18,000円
定員:8人程度
研究室(会場):エクスアートビル4階・大教室
※最終回は場所が変更になる可能性がございます。講義内でご案内させていただきます。

■マツラボとは?■
「松本写真研究所(通称「マツラボ」)」は、写真の知識や技術を、深~く学びたいと思う人々が参加する、明るく楽しいコミュニティです。

これまでにも、PHaT PHOTO写真教室講師の松本友希先生による単発の「編集講座」を開催してきました。何度か実施するなかで、写真の編集スキルなどはもう少し深く、長く学んでもよいのではないか?という想いから、連続講座としての「ラボ」を開設するに至りました。

PHaT PHOTO写真教室の松本友希先生を所長とし、「写真編集」や「タイトルの付け方」「テーマの設定方法」など、写真のスキルアップに欠かせない「撮る」だけではない要素に注目し、そのテーマに沿って学びを深めることを目的としています。

マツラボの参加者(研究員)は、テーマごとに随時募集し、定期的な交流を写真教室のクラス関係なく設ける予定です。
また本編集室には、PHaT PHOTO編集部の畠田が進行役兼副所長として参加します。

好奇心に満ちたマツラボ研究員として、松本所長と共に写真を学びましょう!

■第1弾のテーマは「写真編集」■
マツラボは、写真を作品にするために必要な、「撮る」以外の技術を学ぶ連続講座です。
第1弾のテーマは編集。3回の講座を通して写真をセレクトし、並べる技術を学びます。

5枚一組で応募ができるPPC(ファットフォトコンテスト)のPPC道場への応募 (応募無料)とその入選を目指し、全3回の中でまずは自分の写真を、テーマを決めて「5枚一組」のシリーズを完成させることをゴールとします。
過去の「編集講座」参加者の中からはPPC道場入選者も出ていますので、ここで力を付けてぜひトライしてください!

<今後の「マツラボ.」について>
第2弾 写真と言葉(仮)
第3弾 写真展(仮)
などを予定!

松本友希先生


旅行会社勤務を経て写真の道へ。2000年に日本写真芸術専門学校報道芸術科を卒業。
2007年に写真雑誌「PHaT PHOTO」の契約作家となり、誌面の企画撮影や書籍の装丁写真、広告媒体への作品提供などを行う。2009年からは「PHaT PHOTO」写真教室での講師も務め、ビギナークラスからプレミアムクラスまでの全カリキュラムを担当。他、大手企業の写真教室や、撮影会、ワークショップの講師などでも活動している。自身の作品では、主に街中や日常に潜む小さな世界を撮り続けている。写真学校で学び、仕事で活かされている技術力と、自身の作家活動で培った表現力の両面において信頼できる講師のひとり。
yukidaruma.info




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#419243 2019-03-18 06:43:56
More updates
Thu Mar 28, 2019
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥18,000
PHaT PHOTO写真教室生徒 ¥16,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Mar 27, 2019.

Venue Address
中央区京橋3丁目6−6 Japan
Organizer
PHaT PHOTO(ファットフォト)写真教室
1,446 Followers